生理痛・生理不順 -診療内容-

生理に関するトラブルは日常生活において、とても辛いものです。
下記のような症状がある方は一時的な対処ではなく、根本的に改善をしましょう。

・生理周期がバラバラ。
・生理前にイライラしたり、落ち込んだり、体調が悪くなる。
・生理の量が多い、生理痛が強い
・生理でもないのに出血する

生理痛

生理痛の原因の代表は、子宮内膜症です。子宮内膜症とは、子宮の内膜が、本来あるべき場所ではない子宮筋層内や卵巣、骨盤内の腹膜などに存在する病気です。 生理のたびに、それらの部位にある内膜からも出血するので、子宮筋や腹膜、卵巣などを刺激して、激しい痛みを感じます。残念ながら、完全に治癒させることは困難な場合が少なくありません。

薬物療法は一時的効果しか見込めないため、特殊な場合以外はお勧めできません。症状が強いときや内膜症が原因と考えられる不妊症の場合には、手術が適応となります。 手術は腹腔鏡による低侵襲手術を受けてください。当院から適切な医師をご紹介いたします。内膜症は、子宮筋腫と並んで、特に専門医からの時間をかけた丁寧な説明が必要です。

予約いただければ十分なご説明をいたします。 生理痛も、生理不順同様、機能的な原因のものが多く存在します。その場合には、鎮痛薬をタイミングよく、出来れば予防的に服用してコントロールを図るだけで改善します。

生理不順

生理にまつわるトラブルは、当院を受診される女性に最も多く見受けられる症状のひとつです。量の異常、周期が不規則、出血がだらだら続く、などその種類はいくつかに分かれます。生理の量が多い場合には、子宮筋腫や内膜ポリープが最も頻度の高い原因疾患です。生理不順一方、出血量が少ない場合には、腫瘍などの疾患が原因であることは極めてまれで、多くは機能的異常、すなわち一時的にバランスが崩れたために起こってしまうのです。

重大な疾患を見逃さないことは言うまでもなく重要ですが、ほとんどの場合が大事に至らず、一時的な投薬で改善します。周期が不規則な場合には、排卵をしているかどうかの確認が重要です。生理の周期の調節や機能性不正出血の止血はホルモン剤で容易に行うことが出来ます。また、生理不順には漢方薬が有効な場合も少なくありません。心配しないで、一度ご相談下さい。安心してよいものかどうかは、すぐに診断することが出来ます。