レディースドッグ・がん検診 -診療内容-

特に自覚症状が無くても年に一度は婦人科検診を!
年齢を重ねると、リスクも増えてしまう女性のカラダ。子宮がんや乳がんなどの病気は、決して人ごとではありません。早期発見のために、定期的な検診をオススメします。

レディースドッグ

疾患の初期には、症状が現れないことが少なくありません。早期発見・早期治療、また、将来の発症予防にも検診は重要です。
子宮がん検診、乳がん検診、性感染症検査、一般血液検査を組み合わせて、一人ひとりの女性に適したオーダーメードの健康診断を行っています。 ブライダルチェックとしては、風疹検査等の感染症を含めた全身検査をお勧めします。 検査内容、検査の組み合わせ、料金などに関しましては、遠慮なくご相談ください。

レディースドッグ費用・内容

基本セット11,880円(診察料含)
セット内容子宮頸部細胞診、経膣的超音波断層検査(子宮筋腫、 卵巣のう腫、内膜症、内膜ポリープなどの検査)、 乳房超音波断層検査(乳がん検診)、甲状腺血液検査(TSH甲状腺刺激ホルモン)

【オプショナル項目】
子宮頸管クラミジア検査、子宮頸管淋菌検査、 子宮頸部ピトパピローマ(HPV)検査、HIV、 血液検査(貧血、肝臓、腎臓、脂質、糖尿)、超音波骨塩定量(骨粗鬆症)。

※オプション項目は別途追加費用となりますので、お問い合わせください。
※電話でのご予約をお願いいたします。乳房超音波検査は完全予約制ですので、ご予約でない場合には、再度来院していただくことになる可能性があります。

ブライダルチェック費用・内容

基本セット16,200円(診察料含)
セット内容経膣的超音波断層検査(子宮筋腫、 卵巣のう腫、内膜症、内膜ポリープなどの検査)、 子宮頸管クラミジア検査、風疹抗体価、血液型、B型肝炎、C型肝炎、梅毒

【オプショナル項目】
子宮頸部細胞診、乳房超音波断層検査(乳がん検診)、子宮頸管淋菌検査、血液検査(貧血、甲状腺、肝臓、腎臓、脂質、糖尿)、HIV、子宮頸部ピトパピローマ(HPV)検査

※オプション項目は別途追加費用となりますので、お問い合わせください。
※電話でのご予約をお願いいたします。乳房超音波検査は完全予約制ですので、ご予約でない場合には、再度来院していただくことになる可能性があります。

がん検診

一般的に、婦人科領域でがん検診といえば、子宮頸がん検診を意味します。これは、綿棒などで子宮の入口部分をこすることで細胞を採取して、顕微鏡検査により5段階に分類します。クラス1と2は正常、クラス4と5は癌、クラス3( aとbに分類される)は異型性と呼ばれる中間群です。それぞれの段階で治療方法が異なります。癌であっても、必ずしも子宮を摘出する必要があるとは限りません。年1回の検診を受けていれば、突然の進行がんで発見されることはまずありませんので、子宮頸がんは、特に定期的な健診をお勧めします。

子宮体癌は、生理以外に不正出血がある女性に対して、必要と思われる場合に行います。まず内診と超音波検査により、子宮の状態を詳しく観察して、癌の可能性が考えられるときに細胞を採取して検査します。直径2mm程度の、細いストローのような内膜採取用器具を、子宮内に挿入して細胞を採取します。子宮頚部がん検診がほとんど痛みがないのに対して、体癌健診は多少痛みを伴います。

卵巣検診は、内診と超音波検査により行います。膣内から観察する経膣超音波検査法により、ほとんどの卵巣腫瘍は比較的早期に発見が可能となりました。悪性が疑われる場合には、血液検査で腫瘍マーカーの測定を行い、良性か悪性かの鑑別の一助とします。特に、以前に、子宮内膜症や卵巣腫瘍を指摘されている女性は、大きさや性状の変化を診るために、年2 -3回の定期健診を受けることをお勧めします。

乳がん検診は、触診と超音波断層検査により、乳房の検査を行います。この方法によりほとんどの病変の検出は可能です。超音波検査は、痛みを伴うことはなく、短時間 (5-10分)で終了する、簡便で苦痛の少ない検査方法です。また、近隣の放射線科クリニックと連携していますので、マンモグラフィー検査も受けていただくことが出来ます。